« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月15日 (金)

頑張れかぁちゃん弁当!

この一週間息子の新学期に伴い
毎日毎日早起きの弁当ライフでした
でも
早起きは最近弁当があってもなくてもしてるから
これはこれでやりがいあり!
あまり学校のことを話さない息子に
せめて
頑張れ!と伝えたい思いをこめて・・
弁当の日々ごらんあれ


Dcim0127


Dcim0130

Dcim0138


Dcim0137


|

2011年4月11日 (月)

声を大にして お願いです

本日4月11日
昨年に引き続き
愛知県警察交通安全大使を委嘱されました
二年連続と言う責任の重さを真摯に受け止め
交通事故という不幸が一件でも少なくなるように尽力します
昨年一年たくさんの皆さんに交通事故は誰でも被害者にも加害者にもなり得るのだという事を話させていただきました
交通事故は昨日までの当たり前の生活をいとも簡単に失わせてしまいます
またそれは家族や仕事にも大きく影響を与え傷ついた心や体や第三者への記憶は消えることはありません
絶対に起こしてはならないことなのです
驚いたのは今もってシートベルトの不装着、飲酒運転が行われていると言う事実
これは増やさなくてもいい犠牲者を自らの責任によって増やしているのだということを
自覚して欲しいのです
失っていい命などただの一つもありません
常に緊張感を持って
またハンドルを握る人が家族にいる場合送り出す際に必ず「気をつけて!」と一言添えて欲しいのです
大げさでなくたくさんの人生がその腕に託されているのだと言うことを自覚すること
どうか改めて再認識してください

今年は特に自転車のマナーアップと事故を少なくしたいという思いがあります
自転車の事故が近年大変に増えていることは皆さんの耳に入っているでしょうか
エコがうたわれる今自転車利用が増えているのも受け止めています
ただ
自転車はまだまだ公共の道路の中では弱者のようにみられがちですが
そうではなく
歩行者を巻き込んでしまうと場合によっては
自動車と同じほどの責任そして賠償を負うことになることを心して欲しいのです
実際自転車のかかわる不幸な事故は年々増えていて
自転車ですから社会的にまだ責任不足な未青年にも莫大な賠償責任がかかる事例が全国でも出ています
しかもけして失うことがあってはならない
命までも失うような事故が多発しているのも事実です
事故というものほど不幸で取り返しのつかないものはなく
また毎日の習慣や心がけが大きく関わり
一瞬の判断ミス
また
過信や慣れで
起こるのも事故ですから
ぜひ心掛けを新たにまたお子さんをお持ちの保護者の皆さんには今一度改めての自転車の安全利用について話し合っていただきたいと思います
確かに快適でエコな乗り物である自転車
利用の仕方で肩身が狭くなるのも改めていい乗り物であると再確認するのも乗り手の方のマナーはとても重要
車もバイクも自転車も歩行者も思いやり・思い合い・交通事故で大切な人を傷つけたり失ったりすることの無い
交通事故のない社会に どうぞご協力のほどお願いします

|

新学期には

新たにピカピカ中1の息子今日から毎日弁当です
なので私が気合いを入れるべく弁当箱をオニューに!入るおかずはあんまり変わりませんが
愛だけはたっぷり入ってます
とは言うものの
思い切りご飯を炊くのを忘れ夜中に起きてお米をとぎましたが…(苦笑)

一押しは手作りふりかけ
といっても鹿児島のタニショウさんの混ぜるだけで極ウマカルシウムミネラルたっぷりの一品というか逸品子供たちには沢山食べて欲しい素材しか入ってませんご飯はやずや十六雑穀
ハンバーグも手作りで
うちにあるものばっかりで完了
さぁ
明日は何を入れようか

Dcim0123_2


Dcim0082_2


|

2011年4月10日 (日)

食す 育む

今夜は春キャベツを使ってロールキャベツを作りました
すでにみんなで囲む食卓が楽しみ
共働きをしていれば食卓をともに出来ないことがありますが
皆で食べる楽しさを知っていればこそ
その味は二倍も三倍も膨れるわけで
そんなことも食育になるのではないかと思うのです
家族全員がそろわねばならないということでなく
一緒に食べ、喋り、顔色を伺い合う仲間がいるかどうかということ
もちろん一人でご飯を食べるときもあるでしょう
でもそんなときこそ
当たり前だった皆と囲む食卓の楽しさも知り
一人の気ままさも同時に覚えつつ
でもやっぱりその美味しさを体で覚え
思い出という大きな財産になることも
大切なことだと思うのです
毎日じゃなくてもいい
そんな記憶を一つでも二つでも増やしてあげられたらなぁとおもうのです

また
食べることが楽しみって大事
息子が言いました
このロールキャベツ明日の弁当にも入れてねって
母にとっても
嬉しい記憶

心と舌に残るご飯を作って行きたいなと思う毎日です

|

2011年4月 8日 (金)

何を繋ぐか

東日本大震災からほぼ一ヶ月たとうとしている
真実が現実として受け止められるまでに事柄によっては時間がかかったり
被災地で生活の全てを失い流されてしまった方々のことが連日報道されるたび
その痛みをどんなふうに一緒に受け止めるか
同じ国籍を持つものとしてその責任を考えない日はありません
命が繋がった私たちは
力を合わせて
その命を全うするべく頑張ることが命題なのではないかと
何が出来るか

お金がある人は
物がある人は
何もなくても節水と節電を
日本の底力を世界中が注目する今
その行動は大切
毎日毎日誰が何をしたかと報道がありますが
誰が何をしたかでなく
皆がこの現実を受け止め
心に留め
この経験を次にどんな風に繋ぐか
そしてどのように立ち直っていくかを
本当に末永い末永い
応急処置でない永い皆の注目が必要かと思われます

想定内・・などないことを知らされた今回の大震災
海に囲まれ火山を有するこの日本という土地に住んでいるからこそ
またそこで
後世につながる生を残した私たちはせめて自らが被災したことで得た事を
それ以上を後世に繋げられるよう
経験を無駄にしないよう
この大災害をしっかり受け止め
日本が元気になるなにかを一人一人が考えることも大切な誰にでもできる支援だと思う

|

2011年4月 6日 (水)

免許更新につき

この前の免許をもらって
早幾年月
今回書き換えにあたり
これまた次はもう40代後半と言う免許をもらった
写真
何とかまぁま・ぁ・・・・・・・・・
年々落ちてる


パスポートしかり
五年以上間があくものって
だいじょうぶか??と
それに女子はお化粧できる
写真不公平かな??

でもまぁ
何とか
それなりに撮って頂いた写真でできあがった
化粧してもしなくてもこんなもんだって言う写真だった
身分証明もかねるのだから
これで・・

せめてここからあんまり落っこちないように
頑張ろう

|

はるちゃん台風 パート2

今朝おきてリビングに行くと
え??
泥棒??
ってほどリビングは荒れている
電話は斜め
テレビの液晶も斜め
クッションは落ち
飲み物はこぼれ
その中で
チワワのプリンが尻尾を振ってたたずんでいる

斜めになった電話機を手で戻すと
バキバキっといって割れたDVDがファックスの用紙の代わりに
出てきた

そう全ての犯人は次男遼
最近は目を覚ましているときは常に虎視眈々と何をしようか考えている様子
今必ず手が届かないようにしてるのは切れるものと油性マジック
電化製品のボタン好きは前にも書いたけれど
それは相変わらずで
今日もいつまでたってもできない洗濯をみに行ったら止まっていた
掃除機を掛ければコンセントを抜かれすぐに止まる
テレビとオーディオもう一台のテレビが同時についてることなんて珍しくもないから
ブレーカーを落とそうかとまで考えた
だって
コンセントくらいちゃんと選んで自分で入れる

もう笑うしかない
鉛筆をお兄ちゃんの机から持ち出して今目の前を走り去った
私の座るいすには
ボールペンで落書き満載
あっという間に壁をキャンバスにしようとしてる
ということで・・
つかまえてきます・・
消しゴムと一緒に

|

2011年4月 5日 (火)

これからの君へ

今年から中学生となって真新しい制服に身を包み颯爽と出かけていきましたね
どんどん大きくなる君に正直頼もしくも切なく寂しい気持ちになるのはママだけかな
小学生だった6年間
沢山のことがあったけど
あっと言う間で
思い出の数はあるのに
君も大きくなるのに
親としてなかなか成長できていないママです

六年生の担任の先生が最後の通知表に書いてくれた言葉は
ママとしてはとても嬉しく
君がやってきたことを
しっかり見守ってくれてたことがしみじみと伝わり本当に嬉しいものでした

一人前になったかに見えるけど
まだまだ

これからは子供としてだけでない
でも大人でもない
そんな不安定な時期に突入するね
どんな風に力になれるのか
そしてどんな風に支えてあげられるのか
でも自分の力で今度は色々なことを手にして身につけていって欲しい

ママもママとして思春期の君とぶつかったりくっついたり(できるかな)しながら
どんなことがあっても見守っていく

社会人として働きながら
働くとはこういうこと、と言うことも、もっともっと頑張って見せていきたいし、生きたい

人を大切に思うこと
礼儀を忘れないこと
感謝をすること
思いやりを持つこと
そして胸を張っていられること

これから君の心にどんな夢が咲くのかとても楽しみにしています
親として初挑戦が続くママだけど
一生懸命頑張るからね
一緒に頑張ろう

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »