« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月23日 (水)

もっともっと!!! 米粉!

皆さんは米粉ご存知ですよね
私も実は米粉ファンなんです
最近はパンも米粉配合のもっちりした、そしてあのお米独特のほんのり甘さと腹持ち感が気に入って
選んで味わっています
本当に美味しい
そしてやはりお米で育ったこの体にすんなりと入りエネルギーとなってくれるので
働く母のヘルシーなエネルギー源として欠かせず
また小さい子を子育て中の母としては安心して毎日の生活に取り入れたい食材でもあります
さてそんな米粉つながりで今日はとても嬉しいお仕事をさせていただきました
激ウマレシピ制作委員として
本日はあの超有名な東京日本橋「たいめいけん」さんでのロケ
三代目料理長茂出木シェフのお力をお借りして
米粉を使った絶品お料理を考案 披露していただきました
さすがは茂出木シェフ
美味しい絶品の一品をあっという間に作り上げてくださりました
しかもにこやかに、手際よく・・やはりすごい!
とても有名でいらっしゃるのに本当にザ・サービスマン!
米粉のいいところをぐっと引き出した美味しいレシピ
見たその晩から活用できる美味しいアイデア
3月5日テレビ東京お昼12時58分から~
是非是非ご覧ください

そして改めてになりますが
食料の高騰が世界的に深刻になりつつある昨今
地球環境もそうですが
限りある食料も改めて見直さねばならないときにきていると思います
日本の食物自給率の低下は深刻です
日本が世界に誇るこの美味しいお米をもっともっとみんなが食べれば
日本は今よりもっと元気にそして絶対の底力を発揮できると思います
母として
子供たちに伝えていけるのは毎日のご飯
伝えていきたいと思います
写真は「たいめいけん」にて
茂出木シェフとフードアクションニッポンの渋谷さんと・・

2011022217090000_2


|

2011年2月21日 (月)

小さな小さな…

家ですがこの春土地が見つかり今年一年かけて建てることとなりました
昨年から夢は膨らんだりしぼんだりしながら土地を探していました
ある時は住みたい町の不動産屋さんを覗き、ある時はネットを操り、またある時は怪しい低速車となり気になる街をうろうろ…
情報収集だけはしていたのですが
今年に入り不動産を手掛ける夫の大学の後輩伊藤さんが送ってくれた土地の情報が夫と二人…!と来たのです
でもどちらかと言えばグッと来たのは夫の方
さっそくスケジュールをやりくり夫婦でその土地の前に建ったとき
小春日和の温かな太陽がさんさんと降注ぐその場所がもちろん思っていたよりは小さな土地でしたが綺麗な四角を見て何となく心は決まりました
まさに
ここにあったんだ~って感じで
そこからはトントン話が進み契約まで漕ぎ着いたのがくしくも私の誕生日一日前本当早かった
びっくりです
さて
という訳で始まる家作り
私にはどうしても建てたい理想の家の形があります
それは
究極のエコハウス
それは地球の今あるエネルギーを余すことなく頂きながら冬暖かく夏に涼しいそして地球にも我が家のお財布にも優しい家を作ると言うことです
太陽の力を頂く発電はもう25年ほど前からあるにはありましたがとても高価でしかも効率からいって定着するには今一つ魅力に欠けるものでした
が、今では
地球温暖化がうたわれる昨今CO2削減に真剣に取り組み研究を進めている企業さんの働きは素晴らしく躍進していてまた開発された商品の数々には先の先を見据えた沢山の地球に優しく仲良く共生するアイデアが沢山詰まっています
薄く効率のよい家に優しいソーラーパネル
ダブル発電に
補助金や
売電のシステム
今話題にもちらほら出てくる水素タウンなんていうのもその一つ
そんな沢山の知恵を我が家で生かせるだけ生かし実現したいのです
まさにプロジェクト
初めて手にする一戸建てでどこまでやれるかわかりません
もちろん予算にも上限はあります(何せ土地にかかってしまったので家にはお金が沢山かけられないんです)
でもこれから家作りを考えている皆さんの一つの見本になるような
ここまでやれるよ!
をここブログで公開しながら伝えていきたいと思います
壮大な目標ですが地球上の生物が百年先にもっと過ごしやすい世界になるように私達の残す子供達のために
青い青い地球のために

エネゴリ君に力と知恵を沢山借りようと思います
どうか楽しみに究極エコハウス作り見ていて下さいね

|

2011年2月18日 (金)

インターネットの・・・

ほんとに便利な世の中で
欲しいものも知りたいこともあっという間に調べ上げ
しかも買いに行くより安いときてる
これでは
外に出ないで
パソコンの前に一日中座る人も出てくるわけです
さて、
今日は
そのインターネットショッピングについて思ったこと
我が家は季節のご進物から始まり色々と
贈答が欠かせない
最近ネットで大手デパートと繋がる事ができるので
大手デパートを通しているという安心感も大きい
小さい子を抱える私は必然的にデパートへ親子でえんやこら出かけなくてもよくとても助かっている

ところが・・だ
今回ネットで頼んだ商品の数々に
「うっそー!!」っていうのがあった
初めて頼むものは
自分にもひとつ頼んだり
実家に送ってみたりしてその品質を確かめるのだが
値段と中身があっていないというか・・・
え!これで!???
って
思わざるを得ないことがあった
子供を寝かしつけて夜も更けこそりこそりと考え抜いた上で決定した品々
迷うこと夜更かしほぼ一週間
値段もいい感じ(けして安くはないという意味)
でも普段からお世話になっているのだせめてこれくらいは!と奮発した気持ちもあった
美味しくなくちゃって

だって喜んでもらいたいもの

頼んで一安心
満を持して配達される日を待った
当日
ピンポーン
届いた包みをみてびっくり

手のひらサイズの箱ひとつ
これ○千円だぞ~~!
まさか・・
あけてびっくり
確かにチョコの詰め合わせ
小さな16個が
これまた正直しょぼい箱に並んでいる
えぇ~~~これ○千円!!!(しつこい)
一万円出したって二つは買えない代物なんだよぉ

選んだ中でも
これは一番高い類のもので
会社とか
個人でなく人数の多い方へ向けて送った箱だった
皆様へで送った送り状が思い出されて悲しいそして寂しい風がぴゅ~~~と吹き抜けた
これでは
もらった代表者も
これ皆さんで??
って思うかも

たしかに
このお店の方から言わせれば
ヨーロッパではチョコの一粒一粒が宝石ですっ!って・・
でも
手のひらサイズ
この宝石の価値を皆がわかってくれたらいいけど
だったらせめて箱を宝石に似合う箱にして欲しかった・・
にしてもさみしい贈り物となってしまった
だから・・
いまだ続く私の贈りもの
だって私がこれもらったら
一粒じゃ
その美味しさ欲求不満だもの
今度は自分の足で
自分の目で
町のお菓子屋さんから継ぎ足しお菓子送ってます
やはり
自分の目でみて納得
大切だなとしみじみ思いました

|

2011年2月14日 (月)

この一週間のこと

皆様ご無沙汰すみません
実は次男とともに臥せってました(涙)
次男と私は常にくっついているので風邪にはとっても気をつけていたんです
でもなんだかおかしい
鼻水あとひどい咳…
いつもの名古屋の生放送はこらえられ皆にとうとう花粉症か?!なんていじられつつ(苦笑)その夜戻ると階段をかけ上がるように熱急上昇9度を超えました
なんとこれに約三日苦しめられ四日目にストンと熱は下がったのですがひどい咳と鼻水に泣かされ眠れないそうそう
私のことより
次男です
次男はまったく同じ経路で体調が崩れ2人して近所の掛かり付けのお医者様に診ていただきインフルエンザチェックを受けるも結果は感染なし
となれば風邪かと…
そもそもここでいつものことと安心したのがいけなかった!
次男は食べれず水分も少しずつなのでどんどん消耗してしまい私が熱が落ちたあとも夜中は四十度の高熱
まさに病病介護
みかねた母が名古屋から上京しなんとかいろいろなものを取り止めたものの
何をしても下がらない熱にとうとう大きな病院に行こうといつも大変お世話になっている東芝病院へ…
次男が生まれた病院でもあります

本当に
「行って良かった…」
凄いと思いました
迅速なあらゆる検査を一気に済ませあらゆる角度から風邪は風邪でもなんの風邪なのかそれとも違うなにかが潜んではいないか?をまさに探すのです
いつもの風邪ならばいつものお薬と日にちで治るのですたとえ薬が飲めなくても子供の体の回復力のすごさはそれを覆す力がありますからしのいでいけるのです近所にある小児科さんは基本腕も勿論気になるところですが一番はお母さんが安心したい場所なんです
それに普通の風邪ならば子供自身の力でそこから快方に向かうのが常
ただ今回ばかりは違いました
なんとマイコプラズマ気管支肺炎にかかっていてしかもこじらせていました
抗生剤も違う種類のものをとらなければならなかったのです
ぐったりお顔の小さくなった息子を抱え変えたお薬を飲ませました
なんと本当に熱がじわじわとれてきて私の膝を離れておもちゃで遊びだしましたこれこそが元気になってきた証です
本当に嬉しい瞬間でした

今回
耳鼻科に小児科近所のクリニックをまわりましたが基本的には風邪
もらうお薬も一緒
飲ませても熱下がらず
でも
病院行ったし…
これがこじらせてしまった大きな原因だったのです
私も今回のことで本当に勉強になりました
子供の体の回復力に期待する小児科
半分はお母さんを安心させるのがその仕事の半分以上かと
それだって大きな役割ですが
子供の体やその子その子の特長を見極め必要ならばあらゆる手段で調べるその子にあった治療を全ての医療機関で望みたいものです

余談ですが
息子を抱きながら東芝病院で診察を受けていた私
マスクをしていたのですが小児科の先生が一言
「お母さんのその咳も怪しいですね、病院行かれましたか」と聞かれ
勿論行きましたし薬ももらっていますと言うと…
「そのお薬効いてますか?多分お母さんも同じだと思いますからすぐ耳鼻科にかかってみてください」
と冷静なる判断
すぐ耳鼻科に電話をしてくださり結果私まで助けて頂いたのでした
そんなこんなで一週間病に臥せり沢山学んだ毎日
正直
体がヘロヘロで腕が動きませんでした
いつもブログは気になっていましたが(涙)
快方に向かっています
ブログ頑張ります!
ちなみに今は東海テレビに向かう朝の新幹線
昼からは関西へ向かいますさぁ気力!病なんてふっ飛ばして行きます!

|

2011年2月 6日 (日)

広島より・・

牡蛎が沢山
大好物なのです
土鍋で蒸し焼きにして
ぷっくりと膨らんだ牡蠣
次へ次へと頂きました
宮島産の天然牡蠣
厳島神社を囲むあの海からの贈り物
有り難く有り難く頂きました
美味しかった~~~~

2011020516530001


2011020516530000


|

2011年2月 3日 (木)

立春につき

旧暦のお正月
とうとう今年が本当に明ける
私なんかはどちらかといえば初詣もここを越えてからでないと
何かすっきりしない

厄年なんかはここを持って明けると思ってるので
夫の本厄も明ける!
節分の豆を家族でそれぞれの思いを持ってまきリセット
新たな年が始まる

子供なんかは特に
一年一年の成長が楽しみで
身をもって経験することの大切さを体得して言って欲しい

良かれと助言する私が親の影に重なり
それに反発する子供たちがまた自分に重なる

今日の笑ってしまう体得術
下の息子が最近私の手を振りほどいて駆け出す
今日も自宅の前の大きなスロープで勢いよく下り坂を駆け出した
あっと思うや否や
前に転び勢いで顔から前に打ちつけて一回転手前で何とかとどまったが
顔からいったので追いかけながら泣くかと思い駆け寄ったがなんと泣かずに前をまた駆け出した
顔の半分がすりむいて真っ赤か
あっちゃ~~~と
こっちが泣きそう

すれ違うおじいちゃんがえっ!って振り返るも
それでも
わしわし駆け出す
いつもなら飽きるまで何度も同じことを繰り返し
それを時間の許す限り見守るのが常
案の定もう一度長い階段を上りスロープへ・・
行くのか?と後ろから伺うと
行きかけて・・・やめた
ふらふらする足取りでそれでも一生懸命自宅への道を駆け出したのには
痛かったのだなぁという思いと、ちゃんと覚えたんだなぁと
上の子も下の子も
付かず離れず
いつも帰る場所であり続けるべく
見守っていけたらなぁとおもう

どんなときも
どんなときも


飽きるまでスロープを何度も駆け出すのだが

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »