« ありがとう全ての人に | トップページ | 大事な所~新春ネイル »

2011年1月 8日 (土)

徳山の旅

後に博したかったと後ろ髪をぎゅうぎゅう引っ張られつつ
九州を北上
指宿を離れる前に登った
休暇村前
魚見岳
そこは九州本土の南をぐるりとみわたせる素晴らしい場所
開聞岳に大隅半島
夫たちがお世話になった球場に
その景色を見せたかった夫の気持ちが嬉しかった
さて
道の駅に寄り道しつつ
焼酎を幾本??か購入
つぼ漬けをはじめとする美味しいお漬物
後九州銘菓の数々
もう・・さいごまで
なんて美味しい九州
あぁ
うらやましい
道の駅には地野菜が廉価で
住みたい!九州
思わずシュミレーションしつつ
次の土地
徳山へ
さてこの徳山への旅・・実は
夫の友人W君の実家
もはや
長い長い友人の間柄
もちろん家族ぐるみのお付き合い
なんとたまたま旅する途中に帰省してるかな??
とTEL
帰っていたら食事でも・・・なんて
話がなんと
ご実家にお邪魔することに
山口の小京都な雰囲気の徳山のWさんのご実家へ
なんと私たちまで里帰り
美味しく温かなすき焼きに沢山のビール
そして山口といえば・・
ふぐ!!!!
てっさが・・・艶々!!
今年初ふぐ
笑顔のW家のお父さんお母さん
食べなさい食べなさいと
ほんとにたらふく
べたべたに甘えての美味しい一夜
そしてなんともっと甘えたのは
うちの長男
普段からWさんを隊長と慕う空
泊まりたいと言い出し
そのまま甘えることに
隊長とともにお風呂をいただき一緒に眠って
次の朝
まるで
自分のうちか!と見まごうほどの落ち着きぶり
あくる朝は大阪へとまた向かう出発の時
帰りたくないと言い出し
大阪への道中楽しかった一夜を何度も話していました
今度は夏に帰る!と
言い張る空
彼にとっての出会いも大きく心に残る旅となったことは間違いないようです

さて
寒波の襲来に襲われたものの何とかすり抜け
今度は厳島神社さんへ
パワースポットブームなのか
それはそれはにぎわう厳島神社への道
もちろんフェリーに乗り換えて
家族そろってはじめての厳島詣で
厳かな中小雪が舞い散りとても
とても美しい世界遺産

帰り道
宮島名物もみじ饅頭
中でも
お宮に一番近く
焼き立てを次から次へと出してくれる
あんこも自家製の
ふっかふかの香ばしい

だいこんやさんのもみじ饅頭
ぜひぜひ
お勧めです
これは宮島でしか手に入りません
神様の島 宮島産のもみじ饅頭
優しいおいしさ
お土産にはほんとにお勧め
チョコにクリームと3種類
一歳の息子が必死でもぐもぐ
後味さっぱり
もうひとつもうひとつといただきたくなるもみじ饅頭
宮島から大阪へ向かう途中も
お茶ともみじ饅頭をちびちび食べ食べ
お腹の中もパワー満タン
地のものをいただく
地の温泉に入る
直接パワーをいただける手段
宮島へお出かけのさいはぜひ
並み居るお店の中からだいこんやさんを見つけてください
ぐっと我慢して
厳島神社にあと一息!
そこに温かな笑顔が沢山お店広くて大きなだいこんやさんが
厳島神社さん方向を向いて
左側に見つかります
あっという間に食べてしまった思い出の味
この長い旅の締めくくりを優しく深く心に残してくださいました
本当に
本当に感謝なしでは表せないこの旅
今年も
この気持ちを忘れないように
温かな皆さんの笑顔にまた合える日を楽しみに
そしてもちろん
長旅のドライバー
安全運転をパパ
ありがとうございました

|

« ありがとう全ての人に | トップページ | 大事な所~新春ネイル »