« 瀬戸ママの輪 | トップページ | 立春につき »

2011年1月27日 (木)

頑張れ母さん!

今日は六本木で所用がありました
じゃ・・ってことで身軽に飛び出せるわけでもありません
そう1才7ヶ月13キロの次男
誰がみてくれる訳でもないので
もちろん同伴になります
さて・・バギーか抱っこ紐か
手には会議でつかう書類が沢山
大きなトートに収まっています
ただでさえオムツにおやつにお茶に・・なんて
やっていると荷物は増える・・のに
決心して飛び出した私の選択は抱っこ紐でした
ただでさえ時間がないのに
エレベーターを探したり(駅のエレベーターは使う人のことを考えた位置にあるとは限らない、現実を目の当たりにすると日本は心のバリアフリーまでは程遠い・と感じる日々)
車でちゃっと行ければいいが正直まだ怖い!
てな訳で電車に決定
道端を歩くときにならないバギーの大きさは電車に乗ると一目瞭然のでかさだからいつも密着抱っこ紐
さて駅まで行く道すがら
ほんの5分の道のりにそれは何人もの抱っこ母とすれ違いました
バギーアンド抱っこ母
自転車で抱っこ母
上の子を連れて抱っこ母
休日見かける育メンはすっかり影を潜める平日
ましてや休日もなく働く父ちゃんの家では育児はまだまだお母さんのもの
すれ違った母は皆頑張ってた!
もちろん私も変わらずその一人に映るであろうが
弱音を吐きたくなるときや相当体に疲れが来たときは
街往く
頑張る母の姿が私を支えるのだ
そうみんな頑張ってる!

今も思い出すひとコマ
大阪に住んでいた時代に
早朝ウォーキングをよくしていた

朝もやの中を自転車ママが後ろにまだ眠いちびちゃんを乗せて
必死に坂道をこぐ姿が
本当に印象的だった
「頑張れお母さん!」

働きながら必死で子育てしているとスキンシップの時間の短さに憂うこともあるけれど
そんなお母さんの背中をみている子供たち
大丈夫
その一生懸命は
必ず子供に伝わってるはずだから
正面からでなく
背中でもしっかり・・・!

|

« 瀬戸ママの輪 | トップページ | 立春につき »