« 永遠の一瞬 | トップページ | 時は流れる »

2009年9月15日 (火)

真夜中の二人三脚

もうすぐ三ヶ月をむかえる次男

すくすく
ぐんぐん大きくなっています

飲んでは寝ての繰り返し
昼もなく夜もなく続くそれは母と子を強烈に繋ぐ経験で
どんなに眠くても聞こえる息子のむずかりは
母としての階段を一歩も二歩も押し上げてくれる訓練です
真夜中に二度程必ず起きては二人で真っ暗な中ごそごそと授乳
ちゃーんと匂いで探り当て(まさに哺乳類)明かりを点さずと
もしっかりゴクゴク飲んでいます

家族も犬のたまごさえも寝静まるなかでの
それは昼間より特別な時間を共有しているようで
むしろ愛しさばかり


余裕がなく神経質にただただ空回りしてクタクタだった
長男の時と比べ
今回は一日一日を惜しむように過ごしています
この余裕は年齢なのか…


沢山抱いて
匂いを吸い込み
話しかけ
笑いかけ
唄いかけ
過ごす毎日を出来るだけ意識しています
もちろん
大きくなった上のお兄ちゃんへも同様に…


「やめろー!」
と言われるその日まで

|

« 永遠の一瞬 | トップページ | 時は流れる »