« どうにかしなくちゃ | トップページ | 大切な命 »

2009年5月23日 (土)

至極の甘露

とうとう来ましたこの季節
何故こんなに好きなのか判らない

特に今年は一目見てしまったゴールデンウィーク明け
その時一緒にいた夫に


私「わぁー買っていい!」

夫「時期的にまだでしょ、まだ高いし」

という冷静な返しで撃沈
プラス主婦魂が伸びた手を止めた
それから寝ても覚めても頭から離れない夏の定番を
何度いやらしく夫の耳に入るよう呟いたか…
夫はちがう意味でこんなになるなら買い与えておけば良かったと
多分心から後悔しただろうと思う


そう
私の何にも変えがたい
至極の甘露とは……
西瓜である


もう大好きで大好きで大好きでたまらない
給料を西瓜でもらってもいいくらい
(注、大袈裟です)
何時からかは覚えていないけれど思い出としては
普通夏のおばあちゃんの家で食べた
三角に切り分けた普通の西瓜


多分私に火を点けたのは息子を妊娠していた十年前
普通とはちがう食欲と求めていた味に
ピッタリ来たのが西瓜だった


毎日一個
小玉ではない大玉だ
小玉ではダメなのだ、西瓜ゼリーもジュースなんかの加工品もダメ
大きいものを自ら切り分けて大事に八分の一づつ食べ進む
多分八回食べるから無くなるんだろう

何回食べてもてっぺんの舌触りとサクサクは
感動薄れる事なく感激の一口


夫と息子にカブトムシーと言われてもいい
この二人は私がどれだけ目がないか
よーく判っているので多分遠慮して手が出せないのかもしれないが
一度中途半端にたべた西瓜を息子が残し結構怒ってしまった!
こう食べるのだという見本を見せながら


嫌になるだろう…

さて西瓜
毎年その一番をどんな形で口に入れるか
私にとって忘れられない人となる

わがままだけどどこかでデザートで出てくる一切れじゃダメ
スーパーの切り売りもダメ
一個もらって自分で切って食べるのだ


先ず冷えてない物をざくっと
その西瓜のもつほんとの甘味は常温だ
そうそう!塩などもってのほか
そういう訳で色々あり
大体は自分で買ってるが今年は見ちゃったのが
早かったから頭から離れなかった


そんななか夫が九州へと出張、私の嫌味攻撃に
夫が助けを求めたのがお仕事仲間の熊本のTさん

夫からのメールにはTさんに西瓜をお願いした旨が…
飛び上がらんばかりに嬉しかった


九州で西瓜といえば熊本西瓜
本場から
それにTさんといえば食材に関しては
プロの目利きなのだから期待はパンパンに膨らんだ
今考えたら私の西瓜騒動に巻き込まれたTさんに申し訳なく思う
さて程なく届いた熊本から
超ビックサイズの大玉二つその名も
「肥後浪漫」

20090522oh_1

焦がれた分
いや、でなくとも最高の甘露だった
堪らなかった
夢中で頂いた
多分色んな所で今年はTさんを思い出すであろう
プロは違う
当たり外れが無い
本当に有り難うございました
あまりの大きさにまた名残惜しさも手伝って
この二玉は三日かけて完食しました


20090522oh_2

そうそうこれです!

気力体力みなぎったこの味熊本のTさんお勤め
「鮮ど市場」(スーパーです)で手に入るようである

確かな味
近所の方が羨ましい
今日この頃です

20090522oh_3

感動の一口
最高の表情ができる自信あり!

|

« どうにかしなくちゃ | トップページ | 大切な命 »