« メンテナンスの日々 | トップページ | 過ぎゆく日々の尊さを〜 »

2009年5月 8日 (金)

小指のその後は・・

休日前に思わぬ怪我をしてしまったわが小指
ギプスが容易に着脱可能なことから水仕事の度にはずしてはうっかり・・・
ねてる間にすっぽり抜けてはあれれ・・
なんてやっていた
痛々しい見た目だが痛みは思うほどないので
つい
(苦笑)

さて
連休明けにお預けになった我が指の運命やいかに・・
おずおずと先生の前に指を差し出すと


「腱がぷっつり切れている」

とのこと
プラプラなわけは
操り人形の糸が切れた状態

力を入れても伸びず曲がったまま
これをギプスで固めとにかく直立不動の状態を強制的に保ち
真っすぐを維持し続けること二か月ほど・・
だそうだ
さもなくば・・

曲がったまま固まる
多いそうだこのケース



それは困る
急に私もギプスをきりりと巻きつけ
シュン!と伸びた小指を意識
恨めしきはあの雨の朝
悔やんでも仕方ない



でも二か月・・長い
物書きも包丁も食事の片づけも器用にこなせるようになったころ
ギプスが外れるんだろうか


まずはゴム手袋のサイズ変更
指が入らない・・

20090508
二ヶ月間の相棒

|

« メンテナンスの日々 | トップページ | 過ぎゆく日々の尊さを〜 »