« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月26日 (木)

母と母とのネットワーク

今月は沢山のお母さん方に
お会いできる機会に恵まれました


001

昨年から始めた現場の声を聞きたいという思いのもとに
小学校や子育てネットワークに参加する
自治体のお母さん方からのお話を受けて
小学校や地元の公民館などにお邪魔して
直接沢山の子育て中のママ達への講演と
意見交換会を行わせていただいている
特殊な懇談会といったところか


002


子育ては始まれば終わらない
終わりのない日々



これは覚悟だ


もちろん授かること自体幸せなことなのだが
授かったその日から母として命を預かり
生まれたその日から自分とは別の人格の
自分より大切に思う存在を
痛感し、憂い、また迷い、悩み、不満や疲れを声に上げる度

「お母さんなんだから・・」
「母親でしょ」


どこにぶつけられるわけでもない


ただ聴いてほしいだけのことすら
受け止めてもらえないお母さんは沢山いる



体調が悪かろうと
朝は家族の口に何かを入れること、
お弁当を作る、
行けば行ったで無事かどうか気になり
一日中夜眠りに就くその時まで
誰かが自分を呼んでいる


もちろんその幸せも
有難さも痛感している




気持ちの上だけでなくその労働量は
体力的にも精神的にも気合を入れねば
乗り越えられない時もある



沢山のお母さんたちに会い新米のママさんも
もちろん私にとって先輩のママさんもいる


そのお母さんたちの声を聞きたい
どんなことで悩んでいるのか、
どんな風に毎日を乗り越えているのか
先輩、後輩が集うからこそ楽になることもある
私だけでないと
ただそれだけでも大きい
お母さんが笑わなくちゃ
家の中は暗い

003

母としてだけでなく女性としてどうなのか
旦那さんとちゃんと愛を育んでいるか
夫婦に関しての悩みも飛んでくることもある
これも自分を支える大切なエッセンスだ
子供がいるから無理やり繋がるのでなく
子供が出来てより協力し合える
強固なパートナーでなくてはいけないと思っている
誰でもいいわけではないのであって
お互いにいなくてはならない存在として
認めあえることができれば理想だ



私は資格を持つカウンセラーではないけれど
皆さんに聞いたお話を私ならこうする、
していきたいという気持ちでお答えする
心のガス抜きをしてもらえたら・・それだけだ
講演のあとの意見交換会は
子育て、夫婦、美容
(マッサージの仕方や、肌のケアのこと、ダイエット)に、
手抜き料理や、日常のこと、それこそ母の得意な立ち話感覚で
お母さんたちと喋り合う

004

限られた時間の中ではあるけれど
私という人間をテレビの中の遠い存在の人間としてでなく
働きながら子育てする
頑張る仲間だと思ってもらいたい
近所に住んで毎日言葉を交わさなくても
お互いの頑張りぶりを励みに出来るそんな交流を図りたい



わたし自身が講演にうかがう度に頂くのは
前向きに頑張るお母さんたちのパワー
そして明るい笑顔だ



これは胸を張って言える
子育てしながらにじみ出てくる
母だからこその暖かな笑顔の力
内面からにじみ出る母の眼は嘘のない温度だ


子育ての状況はそれぞれ違う
特に隣の芝生は青く見える子育て




沢山のお母さんに笑って欲しい
それと同時に
なぜ少子化につながるのか
どうしてもう少し子育てしやすくならないのかという
現場の声を聞いていきたい



母という太陽がもっともっと輝いてほしい
これからも
日々子育てと向きあいながら
母同士の絆を深めていきたいと思っています


どうぞ気軽にお声掛けくださいね

005

|

2009年2月13日 (金)

やっぱり事件は現場で起こってる 高松へ

台湾から帰り次の日はロケにて香川へ

香川といえば…

讃岐うどん
(だから仕事だって!)

期待を膨らませつつ


台湾帰りのトランクも開けぬまま
朝一香川行きへ乗るべく羽田へ


最近ロケに行く時も
身軽が一番と
簡単な化粧品だけ詰めて飛び出します


荷物を預けてしまうと
ターンテーブルで待つ間
現地でスタッフの皆さんを待たせてしまうことになるし
私自身がせっかちなので海外以外はとにかくコンパクト
財布に手帳、宝物の万年筆、台本にリップクリーム、
アユーラのアイゾーンライター、ロクシタンの新製品赤ちゃんにも
オッケーなマイルドフェースミスト
文庫本とバング&オルフセンのべオサウンド2という音楽端末
以上


顔は保湿重視で色だけ整えて
眉毛書いてマスカラ、

ここ二年ずっとはまってる
コスメデコルテのアイファンタジスト以上!


誰だか判ればそれで良し
と飛び出します
日帰りならば
朝から一度として化粧を直すことは無いので
大がかりな化粧ポーチは持って歩きません


でも・・
やはり寄る年波
鏡を見る回数は増えたかも



さて大好きな空港
今回は第二ターミナル
朝の光が待合室にまんべんなく降り注いですごく綺麗
もう何百回と飛行機には乗っているけれど
何回のってもワクワクする
本当に移動は何より一番好き



さてひとっ飛び
瀬戸内海のキラキラを確認しつつ
到着



仕事の打ち合わせをしつつ
やはりお昼は讃岐うどん
いま全国的にブームですが
やはり本場のその味はたまらないのど越しと美味しさ


20090212oh_1
釜揚げと私

食後に店の外にあるお手洗いをお借りしようと
サンダルを借りて店外へ

そうすると
カメラを抱えたおじさんが小走りで駐車場の片隅へ
こうなるとなんだなんだと付いていくのが私



なんとそのうどん屋さんの駐車場の片隅には
大きな動物園みたいなオリがあり
中には孔雀が四羽
一緒にニワトリ・・・


カメラのおじさんのお目当ては
開いたオスの孔雀の見事な羽

ぶるぶる言わせて羽根を震わせて
一緒にいるメスにアピール


そうか・・春
さかりの季節かしらなんて

つい羽根の美しさをおじさんとお喋りしながら
見とれていた


20090212oh_2

見てるいこちらが切なくなるほどブルブル・・ブルブル
ところが泣けてくるほど切ない
熱烈アピールを受けているメスの孔雀


あんなに大きなきれいな羽をふるい
オリの片隅にメスを追い込んでブルブルしているのに
絶対目に入るはずなのに
片隅に追いやられてもまぁーったく意識せず
これまた片隅にいるニワトリと雑談でも
するように我関せず
綺麗に全く無視
女王様の如く堂々と無視



「かっこいい〜〜〜!」
と共に
「うらやましぃ〜〜」
メスの動向に釘付けになってしまった

女子はこうでなくっちゃ!
スカッとするほどの女王ぶり


もっと見たかったが
うどんと孔雀を堪能したならば良い仕事をせねば!



それにしても
ホントに現場は楽しい

地元の人々には当たり前のことが
どれほど新鮮か
今年も楽しんで発見していきたい



もちろんその後
しっかりリポートもしてまいりました
放送はまたお知らせします
乞うご期待です

|

2009年2月12日 (木)

満喫台湾

さて今年初の海外ロケはちょっと南へ台湾の旅
今回は台北を
ルー大柴さんとともに珍道中!

20090205oh_1_2

久々のご一緒でしたがやはり二枚目健在
またルー語がありとあらゆる所で飛び出し…
またファンの方への温かな接し方は頭が下がる程でした

他のタレントさんとご一緒するときは
本当に人の振り見て我が振り引き締め!
と思うことが沢山
本当に毎日おしえられることがあるものです


さて台湾
3月にテレビ愛知で放送になりますがある食材をさがしての旅
グルメ、人気スポット、温泉が全部盛り込まれていますが
全部を味わえちゃうのも台湾の魅力
また
ご飯のパワーがすごいので多分滋養もつけて
綺麗になってを期待して良し!


今回マッサージがプラス出来れば大満足だったかしら
(って仕事だって)

ルーさんイチ押しの台湾グルメはやはり
小籠包!
老舗のお店で二日連続でも飽きない
ロケの空き時間に小腹がすくたび


「今行けるね!」とか

「今なら蒸篭一つとスープに豚肉チャーハン、豆苗の炒め物」

シェアしてなんてそんな話しばかり…


20090205oh_5_2
これは野菜餃子

まぁよく小腹のすく二人でした。
そしてもちろん行ってきました
「台湾101」

20090205oh_3
遠くからみた101

その日てっぺんは雲のなか
なんと
高速エレベーターは一番上まで37秒!
上れば台北ぐるりと360度

20090205oh_4

こんな眺めです

「千と千尋の神隠し」の舞台になったことでも有名な場所、
ルーさんとの写真のバック
湯ばあばと顔なしのモデルなんですって

そして定番の「故宮博物館」
これは見なくちゃスポットをじっくり堪能

20090205oh_2

締めは帰りの空港の免税店の激安ぶりに驚き!
全部とは言えませんが日本で見ていたバックが
旧正月セールと重なってほぼ半額の大盤振る舞い


ありえない…

価格調査に時間をさいてしまい
全く買えずでしたが買い物だけでいっても
ホクホク間違いなしでしょう

あっという間の台湾でしたが
女友達を誘って極楽旅でも企画しようか
盛り上がる私です

|

2009年2月 5日 (木)

新年への信念

節分はすませましたか?
わが家も意気揚々と自宅でまめまき
本日より気持ちも新たに参ります


やっと昨年から抜け出たようですっきり
なんと一発目のお仕事は
台湾へ行って参ります


食べて食べて食べて
滋養、活力、コラーゲン頂いてきます

今年
耳に目に入るもの
自分への訓示として受け止めなくちゃ


早速飛び込ん出来たのは
キャリーを引く私
駅の乗車場所を探して見上げ立ち止まった瞬間
おじ様がわたしのキャリーでつまずいてしまった

「そんなの引いてんだから気をつけてよ!」っと
新年一発目の一喝
とっさに
「ごめんなさいっ」と伝えたものの
これも訓示だ
色んな意味で捕らえて正さなければ


一人では生きていけないんだもの

よくよく世の中をみまわし頑張っていこう!


では

20090204oh

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »