« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

人気者がやってきた

我が家にエネゴリ君がやってきた!!
エネゴリ君は今新日本石油ENEOSのCMでも
大人気のキャラクター
今回の都市対抗野球の応援席でも
活躍・大人気のゴリラ君である

20080928oh2_2

わが家の新メンバーエネゴリ君

この子は特別に優勝を記念して夫の上司の方が
私へと記念に作ってくれた

特別なエネゴリ君である
本当にありがとうございます!!



なんとエネオスのユニフォーム
夫の背番号を背負い我が家にやってきた
スパイクまではいている

夫が持って帰ってきてくれた時
「わーい!!」と抱き上げ喜ぶ私のエネゴリ君を見て

20080928oh2_3

ねっ

息子が開口一番「パパに似てる!といった


エネゴリ君に失礼じゃない・・・


さて、彼の居場所は
私の宝物であるテディベアたちと共に
飾るというよりうちのリビングに鎮座してもらっている

というのも
我が家はそれぞれの部屋があろうとも

本を読む人も

物を書く人も

テレビを見る人も

転寝をする人も


んなリビングに集まっている
もちろん
たまご
この一部屋で笑ったり怒ったり・夫と私はけんかしたり・・する


エネゴリ君が来てからというもの
エネゴリ君には迷惑だろうが夫への不満は
エネゴリ君に言うことですっきりしている

例えば…
些細なことで夫とけんか
夫に言えなかった不満の一言を

エネゴリ君改めヒデゴリ君に向かい

「すぐおこるな〜!」
とか

言ってみる
ヒデゴリ君は口を真一文字に結んで
せつない顔をしているので許してしまう
ヒデゴリ君にとってはいい迷惑だ
ごめんね


夫が
「ん?」

なんて言っているが


もちろんそれだけではなく
私はこの
エネゴリ君がとっても気に入って
留守の多い夫の代わりに
いろんな事を聞いてもらっている



何を言ってもこの何とも切ないお顔のエネゴリ君に話すと
「頑張れー君が決めたことについてくよ!(ウルウル・・・)」
と言われてるようで


エネゴリ君を見ると今日も頑張る夫を思い
やはり
夫と同じく頭が上がらないのである

20080928oh2_1

パソコンを打ちつつ下から眺めるとまた切ないエネゴリ君

|

迫りくる秋

ブログを長らくあけてしまい
ごめんなさい




忙しいという言葉は使えば使うほど
滑稽

言い訳をするとすれば
あちらこちらと旅へ出ていました

10月は色々な所で
皆さんにお会いできると思います

(テレビの中で)

日中の時間も短くなって毎日朝五時に動き出す我が家だけれど
先頭切っておきる私の起床時にはまだ薄暗いほど
夕方は夕方で暗くなるのが早いので


仕事帰りに夕方に帰れる日などは夕食の支度を・・

なんて気持ちは小走りだ
暗くなる頃には何か食べたいし
一日のご褒美の・・・そう!決まって喉が鳴るのだから
昔からそうだけれど
暗くならなきゃ飲めない
日中はお天道様に悪い気がして手が動かないし・・


さて今日はこの話ではなくて

ここのとこ朝晩の気温がぐっと下がり
秋めいてきて

ロケなんかの衣装を考えたりする時も
もしものことを考えて
上着と大き目のストールは必携



移動中の車窓は
色がどんどん変わるので
ここでも季節が秋へ移るのを
目で感じることができる


さて
茨城県は北部にある里美村にお邪魔してきた
今年も稲は頭を下げ
黄金色の農道を歩き

テレビ東京の「自給自足ロケ」に励む

20080928oh_5


20080928oh_4
里美村

食物自給率が下がり続ける昨今
それでも豊かな都会のスーパーでは
実感がわく訳はないと思う
凄く困難な食糧事情なのだ本当は・・・

この日本を支えてきた農業を営む方々が
あってこその今日なのに
農業に対する尊敬の念も、
従事する人々の報酬も薄いと思う

食べなくちゃ生きれないというのに


さて自給自足ロケ
その土地に根を下ろし
地球の声を聞きながら農業を営み
けして必要以上を作物とせず
動物たちと自然とキレイに食物連鎖の輪を描きながら
美味しい物を作っているご夫婦に出会った


私はここで
いつかくる、いや、もう来ている食糧難に立ち向かえる
力強い生活力をまざまざと見せてもらった


2人はけして農家に生まれたわけでなく
奥様は銀座育ちだ

そんな2人が志して農業を始めた
力強い先輩は農業の大先輩
地元に根付く農家のおじいちゃん、おばあちゃん
ひと時ではあったけれど、私も一緒に聞いたその術は
多分食べるものを殆ど買い物をしなくとも
一冬も二冬も過ごせることは間違いない


20080928oh_2
少しお手伝いしながら考えた…

作物の葉っぱ一枚、根っこ一本あまさず口へと頂き
といってもさまざまな料理法で・・
沢山取れたものは順に保存食へと姿を変え
山や川から取れたものもとり過ぎない事で
次へと繋ぐことを忘れない


「たいしたものなくてぇ〜」


と笑って焼いてくださったお好み焼きには
キャベツ、人参、玉ねぎに、人参の葉、シソの葉やら
もうとにかくいろんな美味しいものが詰まっていた
まだアツアツのお好み焼き
大きなお皿をスーパーの袋に平らにして入れて
農道を自転車で
元気にやってきてくれた
何もつけなくても野菜の甘みでいっぱいの
そのお好み焼きは滋養あふれるものだった


また違うお宅では
干し柿をまだ乾ききらないうちにラップで冷凍
これが

一年中食べられる美味しい極上の柿のデザート
となり
スタッフ全員がその美味しさにうなった


そして心まで豊かになった


学ぶべきものが、見習うべきものが、残さねばならぬものが
日本の農村には沢山ある
自分や家族、子孫を守るものって一体何だろう
何を大切にせねばならないのか


実りの秋を今年はとても意味深く感じた

20080928oh_3

20080928oh_1

たんぼのアイガモ達
 

|

2008年9月17日 (水)

感謝の大阪行脚〜改め大阪グルメツアー

朝晩めっきり涼しくなってきました

皆さんは体調など崩されてませんか




でも、夏の暑い盛りを終えみなぎってくるのは・・・
そう食欲!!!


といっても、私の食欲は年中留まる事を知らずなので
秋に限ったことではないのですが・・
最近落ちるに落ちない腰周りが気になりつつも・・・


おっと、脱線





さて

今回の都市対抗野球優勝にあたり
たくさんの皆さんからのお祝いのメッセージ
頂戴いたしましたこと
感謝しています

最高の結果に正直嬉しさと驚きがないまぜになり
皆さんからのお祝いの声で
やっとこさ実感が沸いてきたのも本当のところです


行く先々で私へも・・
楽屋の入り口に張っていただくネームプレートには
嬉しい一言が


20080916_3


こんな温かな思いやりを頂きながら仕事ができている私は
本当に幸せです




そして

先日の連休


夫が近鉄バファローズ時代よりお世話になっている
大阪の皆さんへ優勝報告するべく
夫と共に大阪へとお供することになりました


仕事終わりで待ち合わせ急いで新横浜へ

新しくなった駅ビルには美味しそうな物が沢山
夕食を大阪に着いてと考えていたのだけど

でも小腹がすいている

何より新幹線の中で何か食べるのが凄く好きな私である
時間もないのに駆けつけたのは気になっていた

その名もプレミアサンジェルマン!

こう見えて私はパンにはとてもうるさく
新しいお店も気になるけれど
値段と味が合っていなければそのがっかりは大きく
ましてや勝手だけど旅のお供にという
期待までこめちゃうもんだからパンも迷惑かも・・・

で、ここのパン


「すっごく美味しい!」
胡桃のカンパーニュを買ったのだが
外皮はザクッ中はもちっ
胡桃がたっぷり

そういえばこの前買ったお弁当もめちゃ美味しかった

当りかも新横浜


おかげで次から次へと食べ進む私を見た夫は
「夕飯夕飯!」とたしなめてくれたのだ
けど袋を閉じては開ける私を見ていたら


「もう全部食べれば?」といわれ

やっと手が止まったというか無くなっていた




到着した新大阪

ここから程近い場所にチームが
いつもお世話になっているホテルがあり
ここへとご挨拶&宿泊


ホテルの皆さんから温かく迎えられ、
今回の結果をとても喜んでくださり、
また都市対抗野球を観戦しに

必勝のジンクスのある洋服で
大阪から三度も駆けつけて下さった支配人さん


顔を真っ赤にして喜んでくださいました
本当にありがとうございます




さて早速の夕食
夫がお祝いだからと大奮発、
息子の願いだったしゃぶしゃぶをたらふく!
と勇んでホテルのレストランへ

息子が選んだお肉は
やっぱり言ってしまった
「最上級!!」

いつもだったら捕まえて口に手を当てるところですが
今回は特別

家族だけのお祝いということで・・

20080916_1


すっごいすっごーい綺麗なお肉が大皿にこれでもか!!
とばかりに載っているたぶん
料理長の気持ちも乗っての登場かも・・


大きな一枚

口に入れると口一杯になった肉が一噛みするや瞬間に
ジュワッとスゥーッととろけていく


だから次から次へと食べられる
何も考えずに平らげた量・・
六人前



夫にはもっと頑張って貰わねばなるまい



今でも、家族でうっとりと思い出すのはあのお肉
美味しかった


都市対抗ありがとう!!



翌朝又もお世話になっている方へとご挨拶に行き
今度は美味しいお寿司を頂いた

近鉄時代七年在住の関西


一番驚いたのはお魚の美味しさだ

東京までやってこない瀬戸内のお魚たち、
そして東京ではさして美味しいと思ったことがなかった

ふぐや太刀魚、鱧、は関西で食べて
初めて納得その美味しさに感嘆した


だからこそ

お寿司も本当に美味しい


昨日のしゃぶしゃぶは何処へやら
お造りから始まり天ぷらをつまみながら
お寿司を握っていただき

サーモンのはらみをあぶってもらったり
小茄子のお漬物で握ってもらったり
たらふく頂いた


おなか一杯で、ホテルへ向かう道すがら
タクシーでうたた寝してしまった




そして夜

又もこのホテルの美味しい中華をと出掛け、
少し罪悪感が働きおとなしめの注文で・・

と思うもつかの間飛び込んできた渡り蟹の文字

そしてここの中華の麻婆豆腐のピリ辛さは
絶妙の美味しさ絶対白ご飯


大阪最後の夜
悔いなく行こう!


ご想像どうり

おこげにおそばに渡り蟹、麻婆豆腐、
チャーハンにスープ、点心、etc・・

そして程なく料理長から
レタスのひき肉包み(甘味噌が最高!)や
大きなプリップリの蟹つめの揚げ物が
わがテーブルに・・

20080916_2


もちろんお祝いとして・・

全部お腹の中に有難く納まった

美味しかった!!!



ご馳走様でした




大阪に御礼行脚と銘打ったものの
すっかりグルメツアーと化してしまった今回の旅

申し訳ないと同時に沢山の皆さんの笑顔と
笑いながら満腹を分かち合えたことで
身も心も充実


特に身の充実が怖いけど・・

帰りの新幹線で夫と二人、
出会えた皆さんのことを重複しながら思い出し


又笑顔で会えるように

喜んでもらえるように



自分自身へも気合の入る有難い旅となりました






余談ですがしゃぶしゃぶと蟹爪しか写真がなくてすみません

食べるのに必死でした
 

|

2008年9月10日 (水)

新たな明日へ〜そして感謝

早速ですがご報告します



9月9日東京ドームで行われた第79回都市対抗野球大会決勝戦
新日本石油ENEOS VS 王子製紙さん

名実ともに日本一のチームを決める社会人野球の中で一番熱い、
一番大きな大会です


先発は清見投手 先攻で始まった我がエネオスは
初回にいきなり3点を奪い勢いをつけました

王子製紙さんの鋭く大きく飛ぶ打球にランナーを許しながらも
焦らず堅守、ホームベースは一度しか許さず
廣瀬投手から 締めは今回橋戸賞も受賞した田澤純一投手
綺麗につなぎ七回に一点を追加

一体感と共に見る者に安心感をも感じさせるプレーで
最後は4−1にて見事優勝!
黒獅子旗を手にすることができました



本当に本当にありがとうございました



夫が就任してのこの三年を近くで見ていた私にとっては
都市対抗優勝というあまりに大きな勲章に
まるで夢を見ているようで
これから実感が沸いてくるのかなと正直思っています


高い高い山のてっぺんの都市対抗野球優勝
休日はあっても気持ちが野球から離れることはなく
夫は大げさでなく野球に対して
「命がけ」の日々です

ずーっとずーーーっと野球です
この十二年妻として近くで見てきた私としては


1に野球

2に野球3、4がなくて5に・・・


でもそうでなくちゃ
野球に失礼なのかもしれません




今回の大会に掛ける思いで夫と重なるところは
この夢の舞台に立てること、また恵まれた環境で野球ができること
それを支えてくださっている

「新日本石油ENEOS」という会社への感謝です
場所も、道具も安心感も当たり前の物でなく
ここに掛けてくれる御社があってこそ
夫が好きな野球を思い切りできる事
それは本当に幸せなことです




心より感謝しております




我が応援団の皆さんにも敢闘賞が輝き

拳を振り上げ声を張り踊り続けてくれた団員の皆さんと、
チアーの皆さんはとても心強く最後の最後まで渾身の応援でした

休むことのない、又一人一人が選手の名前を称え上げてくれた
連日の応援はエネオスへの愛に溢れていました
外野席、二階席まで埋まった観客席に夫は感動しておりました
激励のお電話メールが鳴り止まぬようです
本当に本当に実感が徐々にわいてきているところなのでしょう



二つ目の感謝は

連日応援に駆けつけてくだすった皆さん

そして

ドームの外の応援受付で沢山のお客さんに応対してくださった
ENEOS社員の皆さん


試合前から立ちっぱなしで
試合中中に入ることはなく次から次へとやってきてくださる
お客様を温かく笑顔で迎え

チケットに、パンフレットにうちわにタオル「よろしくお願いします」の一言も
一緒にドーム内からの歓声で試合状況を憂い、喜んでくださった

私にも「私たちの分も応援してきてくださいね!」と
毎試合、毎試合会場に送り込んでくださった

頑張ってくだすった関係者スタッフの皆様に、
また膨大な応援グッズに有り難うございました



三つ目の感謝は

昨年の都市対抗野球の覇者「東芝」さんに

第三代表の枠で出場できなければ今日の喜びはなく
今年エネオスが優勝したことで又三つの枠を
神奈川県にもって帰れたことで

その重責さを痛感しています

平馬選手木戸選手にも尽力して頂き心強かったです
印出監督はじめ東芝の皆さんありがとうございました



感謝し始めたら留まる事はなく
ご恩返しのためにこれからも頑張っていってくれると思っています

勝つか負けるかでは大きく違う社会人野球
大きな大会においては一つ負ければ明日はないわけで・・・



さぁ!弾みがつきました

今回の勝ちを新たなる経験値として
さらに強く確たるものにしてもらいたいです
今朝夫が我が家に持って来てくれた
今大会のウイニングボール
選手の皆の思いやりが詰まっていました
「感謝」

20080910oh

これからも皆様の応援をよろしくお願いします



追伸

選手の奥様方長い長い夏お疲れ様でした
すっかり涼しくなってきましたね

厳しい練習に長い練習時間、詰まる試合日程
夏休みにご主人が居られない間も子供たちと共に
お家で支えてくださって有り難うございます

一緒に戦ってきたんですものね

どうか存分にご主人、そしてご自分も労って下さいね

奥様が笑顔でいられるように
お疲れ様でした

有り難うございました

今後ともどうかよろしくお願いします

|

2008年9月 8日 (月)

栄光へ向かって

ENEOS勝ちました!!!!

明日東京ドームにて決勝です




第79回都市対抗野球大会

新日本石油ENEOS VS 王子製紙さん

18時試合開始

全てをかけます




テレビ生中継もありますので

社会人野球の熱さ、必死さ

強烈に勝ちたい

ここへの気持ちを

一緒に体感してくださればと願います




明日東京ドーム

ここ一番の戦い



心より

応援願います

|

オレンジの詩

とうとう来ました

六日都市対抗第三戦目この日勝てばベスト4入りとなり
夫が大会前に3つは勝ちたいの三つ目の試合となります

ここまで来ると
どこが勝ってもそれは運命の神のみぞ知る…
となってきます

実力はもちろんのこと、運も、両方をもっているチームが
勝利の女神にほほ笑んでもらえるかのように感じるのです




さて第三戦目
我が日本石油ENEOS vs JFE東日本さん
都市対抗野球のもう一つの見所である応援合戦は
日に日に迫力を増し
スタンドを埋める客席の人々も多くなり


会社の皆さんはもちろんのこと、長年の社会人野球のファンの方々、
出身地の応援をするファンの方々


まさに都市対抗戦
そして選手の親族応援席には座るスペースもないほどの満員御礼
みな選手の一挙手一投足に大きな声援をあげます


もちろん回を重ねるごとに私たち応援席の息も合ってきて
軽快なバンドの音楽と森野団長の掛け声に合わせ声を張り上げ
うちわを叩き、振り、エネオスタオルを掲げ時には総立ちで応援するのです


20080907oh2

その願いがひと塊りになってダイアモンドの中の選手に届くように
対戦相手の応援席も思いは同じ
開催期間の間に応援席もどんどん腕を上げていくのです


それは反対側から見ていても「すごい!」と感じるほどの熱さ
だからこそまた燃え上がり
試合も、応援も負ける訳にはいかないと気合が入るのです




試合は両者ともに得点圏までランナーを進めるも堅守、
点を許さぬ攻防で七回裏まで
ここで平馬選手の犠飛でランナーが帰り一点先取

これを最後まで守りきり1−0でエネオスが勝利!!!
念願のベスト4


私は偶然にも隣で応援されていた山縣野球部長の奥さま
手を取り合い抱き合い大騒ぎ


熱気冷めやらず

ENEOSオレンジのタオルが盛大に左右に振られ
応援歌を歌います

20080907oh1

もう覚えてしまった

スタンドがオレンジに染まる瞬間




帰る道々出口へ向かう皆さんと共に
「あと二つ!」と誓い合い

握手しあいました




今年度は去年より多く一試合一試合最高の瞬間を
見せ続けてくれている野球というスポーツの


面白さ、素晴らしさ

団体競技は何が大切なのかということや、
選手間の言葉なくしても交わされる信頼という
温かさを見せて貰っている

社会人野球は特にそこが強く感じる




さぁ
ここまで来たら最後まで
頑張れENEOS



次は8日月曜日二時試合開始
気合いだ 気合いだ 気合だぁ!!!

|

2008年9月 5日 (金)

更なる明日へ

9月4日
新日本石油ENEOS VS 三菱重工名古屋さん との
都市対抗野球二戦目が開催されました

前半、点を許さぬ攻防が続きましたが
後半
柳田選手のホームランで二点先取
ダメ押し九回の表一点を東芝より補強選手として
貢献してくださっている
平馬選手のヒットで点を重ね
第二戦を無事勝ち抜くことができました


前半ドキドキしましたが
二つ目を勝ち抜け去年の結果を越える事ができ
何よりです


次への戦いは6日18時より行われます
一戦一戦最後まで気を抜かず見守りたいです
長い夏の締めくくり 悔いなく最後まで戦い抜けるよう応援します

|

2008年9月 3日 (水)

一年分の思いを

とうとう始まりました
都市対抗野球大会

我が新日本石油エネオスは皆さんのおかげで
二年連続の出場となりました

初戦は九月一日JR四国さんとの戦いでした

20080902oh6

先発には田澤純一投手
外野スタンドまでエネオスオレンジに染まった
応援席を眺めた時の感動は一年の積み重ねを労うには
あまりある程の大いなる力でした
選手もスタンドも一丸で戦った初戦は無事勝利を収める事が出来ました

20080902oh8

あと四つ
勝ちへの執念を貫き通せることを願い
声が枯れるほど応援したいと思います

20080902oh7

次戦は四日14時からです頑張れエネオス

|

食べなくちゃ!呑まなくちゃ!

旅の先々で一日を締めくくるのは
何てったって地の物を
たんまりとこころゆくまで戴く事である

今回の北海道もとんぼ返り…とは当然行かず
札幌の飲み食べ
そして
料理をさせたら天下一品のお友達さとぽんと約束した

彼女は循環器のお医者さんでとってもかっこよく
それでいてフニャッとした女性らしいかわゆさを持っている

自慢のお友達

彼女のグルメな舌に裏切られたことは一度もない!
さて今回も札幌に行く事を伝えると興奮気味に
さとぽんが
「スッゴイ所(美味しい所)用意してるかんねー!
かにだるま楽しみにしていてね」
って
とさとぽんのメールさえからも
なにか
旨いオーラが噴出している
かにだるまってなに??

さて
夜の札幌〜
今夜は一体何がと
喜びいさんで集合したのは
「新札幌」
ここで私は驚きの北海道グルメを満喫するのである
さとぽんはいつもそう
定番コースにはない
感動の札幌をプレゼントしてくれるのである
さて新札幌のそのお店
名前は
「とり久」

20080902oh4_2




そう
美味しい串焼きを食べさせてくれる…のはもちろんの事
居酒屋さんなので沢山メニューがあるわけで
さて
かにだるまの正体は
どーん

20080902oh2_2
かにだるま

わかりにくいかも知れないけれど

毛ガニをむいてそれが山のように甲羅にこんもり乗っている
どーんとしつこいけど
どーんと

見て重みを感じるほどの一品である

しかも安い!
かにみそもとろりとたっぷり潜み
毛ガニの身のしっとりとした舌触りに旨味甘味香り
それを味わい、かにみそにかぶりつき堪能し

20080902oh1


そしてそれらを混ぜて混ぜて割り箸でツマミながら
日本酒
そして北海道しかとれない大粒のしかも
濃厚なつぶ貝
そして苫小牧や旭川から
わざわざ食べにやって来る人もいるという
噂のマグロ
感動もののおいしさ


20080902oh5
やっぱりこれでしょ!

これらを
市場から見抜いてくるご主人の目利きは
相当だろうとご主人を紹介していただくと…


なんと私と同じ年!

技も目も磨かれたその仕事ぶりに何だか我が身を振り返るほど
ご夫婦で仲良く切り盛りされている
温かなでも洗練された雰囲気の
とり久
その帰り道

とり久前にそびえるマンションに住みたいなぁと
ふたりして声を揃えてしまった
だって近くに住みたくなるそんな味なのだから

お客様に感動を

20080902oh3
 
次の日の朝さとぽんがわたしに用意してくれたのは
なんとモーモータクシー!

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »