« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月10日 (火)

VIVA上海

燃えています上海!盛り上がっています上海!
14年前に一度体験し、先週まさに14年ぶりに訪れた上海の
みなぎるパワーと美しさと、美味しさに
圧倒されて帰国しました


20070710_1_1

変わったところと言えば
建築中の足場が、竹から鉄骨に変わり
繁華街などは、歴史あるところではそれを残しつつ・・・
街行く女性はとてもおしゃれで
スーツ姿のビジネスマンなどは颯爽としています


20070710_3


でもそこは上海
トレードマークの自転車、バイク、そして車の数は多く
ありとあらゆる手段で皆、前に、前にとすり抜けてゆきます
雨の多い季節でもありますが自転車用雨合羽にも驚きました
前かごまですっぽりと囲い、まるで大きなテルテル坊主のようです・・・
中々画期的! 


そういえば、空港から街へ向かう道すがら
リニアモーターカーまで走ってました

速いっ!
ただまだ、町の中心部に届くには程遠く途中の街?

上海の方が言うには成田からと考えたら東京の手前の
千葉県くらい
、と上手い事を言ってました(笑)

中国の公用語は北京語ですが上海には上海語があり、
これを話せることが地元っ子の証なのかな〜
もちろん北京語もしっかり使えますので、ご心配なく


オリンピック、万博に向けて世界にアピールするがごとく
街中で国際都市に向けての準備が進められています

その勢いたるやさすが中国人口の多さに比例するがごとくの
パワー

外灘の異国情緒あふれる港

行きかう船舟の多さ

ネオンの華やかさ

隠れ家のようなレストラン


歴史を上手に取り入れつつも
それを生かし体感しながら食事も楽しめるカフェ


歩くだけでも癒されるような沢山の緑の中を
ウィンドウショッピングしながら歩き

夕食用にドレスアップして夕方の新天地では
オープンのビアレストランでドイツビールを味わい
そのままほろ酔いでレストランで本格中華料理を赤ワインで
窓から見える夜景は本当に綺麗で
レストランの中は世界中から訪れている異国の方々の飛び交う言語

また、癒しは女性にとって嬉しい
美を保つ各種のエステサロンやネイルサロン、マッサージ


これが又本格でありながら安い!!
大体は日本の半分ほどの価格



そして
上海でとっても気になる女性との出会いがありました
彼女は時を同じくして14年前上海を訪れています
それから上海に住み続けて会社を立ち上げ、

又今は大好きな雑貨のお店を開くがごとく
怒涛の上海に負けないパワーで、
かわゆく、強く闊歩しています

今回私たちのロケのコーディネイトをしてくれました

彼女の名前は、みわちゃん。


私より一つお姉さん
本当に透き通るように綺麗で、聡明で頭の回転の速いみわちゃん
元モデルさんと言うのも一目で納得。

ただ立ち聞きしていると怒ってるように聞こえる上海の人たちとの会話を、ひるまず可愛くはきはきと進めていきます
みわちゃんは、弟さん(この弟さんが又かっこいい★)と
コーディネイトの会社を立ち上げていて
変わり続ける新しい上海を紹介してくれます


同じ時期に上海を訪れ上海に可能性を見出したみわちゃんの
目はすごいっ
今まで起こったトラブルも彼女が話すと楽しそうにさえ聞こえます

おしゃれな人だけに、みわちゃんのチョイスするお店や、モノ達はどれも、センスがありそれでいてリーズナブルで中身があります
みわちゃんは上海の日本人向けタウン誌の原稿を書いていて
自ら一肌脱いで体験リポーターも務めます


何だかみわちゃん自慢になりましたが、
みわちゃんは私の心にズバーッとストライク
又上海の勢いも重なってパワーと癒しを貰ったのです

おおらかに笑いながら・・
時には真剣に女性同士何か通じるものがありました。

私自身は36歳という微妙な年齢に差しかかり
やりたいことも、見たい事も、行きたい所も沢山ありながらにして、でもその前に母であり妻でありなどと言い訳をしながら将来に不安を感じながら知らず知らず叩かなくてもいい石橋まで叩き一日の終わりや、仕事帰りの新幹線では自信の無い自分が躍り出てきたりする。

でも、自分の人生は一度
いかに楽しむか・広げるか・チャレンジするか
落ち込むことがあったっていい、人間。三歩歩いて、
忘れられるわけが無い
ただ、今
の状況に不満を持ちながら毎日過ごすのと、
切り替えて肥やしにしていくのとでは全然違う。


毎日新たな気持ちで発見を皆に伝えたい!!
リポーターと言う私の仕事に自信を持って。



私はいつも日本から出るときに、
この海に囲まれた島国日本に生まれてよかったと
感じます。


それはなぜかと言うと
この日本以外の世界は全て未知なる出会いにあふれていて、
また気がつかなかった考え方にハッとしたり納得したり
もちろんいい事ばかりではないけれど、
とにかく新鮮な驚きと感動があります。

この世界には沢山の日本から飛び立った女性たちがいます
皆それぞれ
それぞれの国でチャレンジをエネルギーに頑張っています、
自分たちにとっての異文化を受け入れて、自分なりに消化してゆく
けして閉じこもることなく
でも、マイペースを忘れずに
年齢など関係ありません

海の向こうの異国で又、空を見上げれば同じ空の下で
今日も頑張るみわちゃんを思うのです


圧倒のエネルギー渦巻く上海
そこには、まさに出番を待ってましたとばかりの
面白いもの、癒されるもの、美味しいものが沢山あります

皆さんも週末上海で発見してきませんか?

20070710_2_1
コーディネートのゴウ君とビビアン 

|

2007年7月 6日 (金)

おなか一杯食べるには

生きていく為の基本、食。毎日何の為に働くって食べる為。
私の場合そこに晩酌の一杯が入るのですが・・二杯、三杯、四杯・・・
でもとにかく
毎日の夕食を、仕事が終わった後の、
ご褒美と開放感がますますお腹の虫を活発にさせます

いつも驚かれるのですが
食べ歩きの仕事で一日中食べていたとしても仕事終わりの夕食はこれまた別腹
日帰りならば帰宅途中は、朝から頭の中で組み立てたメニューを実行すべく手順を考え
泊まりならば今日一日のねぎらいと明日への士気を高めるがごとく
スタッフの皆さんと格別の一杯を食事とともに
これは仕事柄全国津々浦々巡っているので泊まりの場合は

美味しいものにありつけることも多いです

食事に関しては太る太らないを大変気にされる方も多いと思いますが、
私が思うには食べたい気持ちを我慢するより、
潔く食べて使い切る、動く、
意識して摂っているものは良質のたんぱく質とオリーブオイルに、
ナッツ等の良質の油脂、沢山の野菜、繊維質。糖質ならば玄米黒米、黒いパン

食べること、食べること
朝から夕食のメニューを家族に聞くので考えられないとよく言われています

最近よく思うのですが
人間としての美しさ・・というか魅力があるとはどういうことか
誰もが一緒くたに痩せればいいというものでもないでしょう
その人の個性、
女性なら女性としての美しさ
程よい肉づきにストレスのたまっていない
柔軟さにあるのかなぁと思います

後は睡眠
ここ最近思うのですが特に一日使った体を治すという意味でも
美しさを保つ為にも
沢山の美容のエキスパートにお話しを聞きましたが
皆さん口を揃えておっしゃることは

夜10時から2時までの間に眠りに付くこと
確実に肌が変わるそうです

肌だけでなくても体も、心も少しでも逃がしてあげること
大人になっても寝る子は育つ!のです。

さてもう一つ食関係ではおやつも大切なアイテムです
小さいお子さんをお持ちのママならば一食にも値するものですよね
食べる、飲むが、大好きといいましたが
私もちょこまか口に入れるのは大好きなんですが

ここでも、どうせ食べるならという
ここ何十年も食べている私のおやつもご紹介します

まずは夏から秋にかけて美味しくなる「なると金時里むすめ」
これはJA里浦さんからのお取り寄せになりますが
こんなお芋見たことない!!と感動するばかりの美しさ
そして味。黄金色の、ほくほくのまた、蒸かした物を冷蔵庫で冷やしておくと
ぎゅっと締まってまさに
「芋ようかん」
とにかく私は里娘をどこへ行くにも一本二本持ち歩き
ロケバス、新幹線、自宅で息子と奪い合いながら食しております
今年もやってくる里むすめの季節
首を長くして待っています

次はアーモンドフィッシュ、あの少し甘い小魚とアーモンドが小袋に入ってるものです
どこのと言われれば四国のつるさき食品のものが好きですがこれも、
どこに行くにも
ぷらりと寄った商店で必ず探すものの一つです
ちなみにつるさき食品のアーモンドフィッシュとの出会いは松山の坊ちゃん空港でした
お土産売り場のあのガラスのカウンターに並んでいたので迷わずゲット
帰りの飛行機で食べつくした私は空き容器を持って帰り、これまたおとり寄せ

息子と私のフェイバリットアイテムです

そして酒田米菓の「オランダせんべい」
この春の衝撃的な出会いから欠かせぬアイテムとなりました
東北の方々にとってはあって当たり前のオランダせんべい
食べて又、
東北限定だなんてなんとも・・・
私はお仕事の役得で酒田米菓さんの工場で作る工程を一から見せていただきましたが
この薄焼きの一枚のせんべいの中に山形の心意気がこれほど入っているものかと・・・
だって、最初の最初に庄内米を蒸しあげているこのここの部分で工場の方に

少しつまんでいただいた米がまた旨い!
ここから、ながーい工程を経て丹念に焼き上げられるオランダせんべい
一リポーターとして、母として、しっかり見学させていただきましたが
最後に出てきたオランダせんべいの誇らしげなお顔は
まさに愛をたっぷり頂いた選ばれたせんべい達でした
米どころだからこその味のこだわり
そして、毎日でも食べられるあきのこなさ
手間はかけても食材に余分なものは入らない、
添加物なし化学調味料なしまさに米と塩だけ

又カロリーが一袋215Kcal!
安心して子供たちに与えられるおやつを又発見。
この夏も東北を旅されるなら探してみてください、お米の美味しさ体感できます。

さて最後はドライフルーツの中でも最近のお気に入り
「ドライフィグ」干しいちじくです、私は何より
添加されている糖分が駄目な人
なので無添加のものを探しましたが
食べ比べた中でも
名古屋三越の地下食品売り場の白いちじく抜群です
名古屋近郊の方・よろしければお試しあれ!

毎日口に入るもの、何でもいいわけでなく
それが血となり、肉となり、エネルギーとなり、私たちの毎日を支えるわけです
また、そういう当たり前のことを親として見せていくことも大事なことかなと思います

食に関しては教えると言うより見せていく、それについて、体験させていく、
子供が小さければなお親の顔を安心の基準にします

親が美味しい顔を沢山見せてあげること、これも食育なのではないでしょうか

近い将来わが息子も自分の口に入るものを自分で選んで口に入れる日がきます
色んな寄り道をするでしょうがその中でやっぱり美味しいと思えるものが
今私が食べさせているものたちだったら嬉しいなぁと思う今日この頃です

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »