« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月19日 (月)

欠かせない
フェィバリットアイテム

毎日が楽しくなる私の必須アイテムご紹介


皆さんお元気ですか?
 私は元気です!

これからこの日記の中で日々私を支える

こだわり元気アイテムとショップ
披露して行きたいと思います


何せ、
フットワーク体力勝負
気がつくとかせない一品
長年お付き合いしていたり、はまってる品々です


今日は通販生活の
ギロファの着圧ソックス!
出会いは大阪船場のカタログハウスのお店

その頃は冷え性がひどく

一度冷えたが最後靴下なしには過ごせない日々
を送っておりました


ある日、自宅で通販生活を熟読なんだか良さげなソックス

早速出かけたわけです大阪船場、
ここは、
プロ、素人さん入り混じっての専門店も沢山あり、
またオフィス街とも隣接していて見に来る皆さんの目は真剣です。


さて、地図を片手にたどり着いたカタログハウスのお店にて
手にした
初ギロファ
それからもう五年は私の足を支えてくれてるような気がします。

この使い心地は慣れるという事はなく
手放せなくなる快適さ
その実力は自分にあったマッサージの心地よさとでも言うのでしょうか



朝のギロファと、夕方のギロファ
その心地はふと立ち止まったときに現れます

朝は朝ごはんの支度に洗濯掃除座れることのない
私の足を足首からしっかり支えてくれます
夕方仕事帰りのプラットホーム電車待ちの時
ギューゥッとギロファが足に入ってきます

はたまた仕事にてパリまでの長時間のフライト、

シャルルドゴールに降り立ったその足は
足そのものが出発したときと変わらぬ軽さ

飛行機はスニーカーと決めていた私も
ギロファならブーツで乗り込む事も可能になったのでした・・荷物が減った


さて その心地よさ
一度試していただきたい
そして
  何と!!!ご縁会って
ギロファで通販生活に載せていただく事になったのです

たっぷり語ってまいりました、
私とギロファの愛の日々を是非ごらんあれ
そしてお試しあれ

ちなみに現在冷えは解消快適に眠りについています

うーんますます手放せない


※掲載誌は「暮しの道具ピカイチ事典2008年版」、
 カタログハウスより6月中旬発行

|

2007年3月17日 (土)

春を前に思うこと

吹く風が温かい毎日、
もう今年は冬に逆戻りはしないのでしょうか・

だって
春本番な陽気
皆さんはどこで春を感じていますか・

私は移動の新幹線の車窓から見る景色
緑が混ざってきたら春が来たと感じますホンと所々に・・


最初は淡く、どんどん濃く・・萌黄色の頃の新緑は
本当にワクワクします。


今年は早い時期から 春の緑がやってきていて驚きましたが
また
秋の紅葉はJR西日本で、大阪から福岡へどうぞ


何だかパンフレットみたいになってしまいましたが
この仕事ならではの全国移動
一度だって苦痛に感じたことはありません

いまだにお仕事先から送られてくるチケットを手にすると
思いも新たに嬉しさと気合がこみ上げてきます


夢を沢山持って東京へ出てきたあの頃の・・

富士山を見るたびに16のあの頃初めて
一人東京に上京したあの日のことを思い出します



スカッと見えれば見えるほど初心に戻るというか

本当に仕事がなくて帰りたくて帰りたくて
でもお金も、田舎へ帰る勇気もなく入場券一枚かって
東京駅新幹線ホームで、何本も下り新幹線を見送った事もあったな・・・


そう考えると、今のこの状況が当たり前ではなく
それら
経験の全てが、今まで出会った方々の全てが
私を支え作り上げてくださったのだなと感謝・・・


春、出会いと別れのシーズン
就職や、進学やまた夢を追いかけて上京される方沢山いるでしょう


東京
すごい町です
見るもの、聞くものすべてに圧倒されます
でも、いい町にするのも、そうでなくするのも自分次第です



自分の原点を大切に
感謝があれば必ず先に進めます、
皆さんにとって東京がいい町になりますよう,
新たな期待と、気合を胸に私もがんばりますよ!

明日は何が待っているだろうワクワク・・・
春を前に私が思うことです

|

2007年3月16日 (金)

愛す焼酎様♡

三月になり春キャンプから戻った夫のお土産です


Syotyu_1

私の趣味でもあり
必要不可欠

こよなく愛する焼酎様様♡♡

東京ではなかなか手に入らないものもあり、
この焼酎を夫に託してくださった

鹿児島指宿の皆様にも感謝です


お酒は大好きで夕食には欠かせません
中でも
ビールなら黒
ワインなら赤のフルボディ
焼酎なら芋、麦の濃く、くさーいものが大好きです



今回沢山の私好みの芋が揃いましたが
私が今だまだ探し求める
幻の麦焼酎があります

大分県宇佐市の兼八という麦です
この旨さ香ばしさ
焼きたてのパンのごとく香たち喉を滑ります

美味しすぎます



この味忘れもしないロケ先蒲郡にあります、
花舞という居酒屋さん、関口さんという美人ママが、
からりとロックで飲まれてまして

ママのグラスをちょいと一口………

あまりの感動にその夜の出会いに心から感謝しました
後日ママから一本の兼八が自宅に届き

ラベルの住所をもとに直接尋ねようと
とってあったのです、空瓶が


二、三日のロケから帰り
台所に立った私に夫が後ろから

空き缶空瓶捨てといたと、まさにどうだ!
と言わんばかりの自慢(o^o^o)

怒れない、育てなきゃ
歯を食い縛り

ありがとうと伝えました


この気持ち飲めない夫にはわからない

あぁ私の兼八
あれから飲みに行くたびに
そこここで
兼八置いてありますか
聞きますがとんと出会えず


必ずやと願ってます
探すもまたよし!


兼八情報ありましたら教えてくださーい

|

2007年3月11日 (日)

Mahaloの気持ち

きょうは蒲郡プリンスホテルで
ピーカンテレビ
の特番収録

奈美悦子さんはじめ、

林マヤさん
有賀さつきさん
内山信二君に
城咲仁さん
彦麿呂さん


そうそうたるメンバーでの賑やかな
そして楽しい収録になりました


太鼓判のハナマル性格良い人ばかり


久々に会う皆さんに嬉しさと、
また、奈美ねぇさんの優しさに強さたくましさに


ますます好きになっちゃいました



沢山のタレントさんとご一緒はするのですが
奈美さんほどの大御所が
あれほどの



気配り、
盛り上げ、
笑顔、
たゆまぬ努力
私の現場マネージャー犬飼まいまいもびっくりのほそさ、
姿勢のよさ


これには本当に頭が下がり、


長く続けられる方はやはり違うな


心から思いました




奈美さんは大変ご自分のマネージャーさんを大事にされていて
また彼がとても気の利く優しい男性なんです。


私の勝手な法則ですが

タレントさんについているマネージャーさんを見ればその人がわかる


ということです


これは、人と人との思いやりに大変関係しています。


一人の人間として、大切に付き合う、
仕事のパートナーとして心を許すことも大事ですが、
ただ許しあうのでなく緊張感と、
仕事の充実感、
また相手を思いやるということが一方的でなく
お互いに出来ねばならないということです、
それはお互いに対してだけでなくて
仕事先の相手にも同じです。

思いやりと、ただ優しくするのは違います、
その場だけではないのです
このことは本当に沢山の芸能人の方々と出会ってますが言える事です。


ありがとう


と口に出して感謝を伝えること、

仕事相手にも、子供にも、パートナーにも

帰りの新幹線の中ふと思ったことです、


帰ったらまず家族に言おうかな


今日も心配なく元気にがんばれました、ありがとう






帰るおうちがあって幸せです。


当たり前と思わずに
Mahaloの気持ち

|

2007年3月 5日 (月)

ひな祭り、旅ロケ、出会い

福岡県博多柳川のひな祭りに
東海テレビお出かけパレットに

マギー審司さんと来ています

柳川は四月三日までひな祭り満載!

沢山美味しいものも頂いてます


初めてマギーさんとご一緒しますが…
根っからの芸人さん

そして
男気!

移動の車のなかでもサービス精神旺盛!
ずーっと喋りつづけ何だかすっかり仲良しに


旅ロケは新たな出会いが満載!


場所は私の大好きな九州
沢山エネルギー充電してきます(o^o^o)


20070301magie_1

|

2007年3月 4日 (日)

息子の問い

今日はちょっとドキッとする言葉を息子に言われてしまいました。

それは・・・


男の子はよく熱を出すと母や子育て先輩のママさん達から聞いていました。
実際空は本当によく熱を出し、
新米ママだった頃の私は不安で不安でよくお医者にかかり、
又夜中などは救急へ車を走らせたり・・



もちろん仕事をもつ身。

それは私が居る時で、私の居ない時は私の母にまかせきり・・・

母は慣れたもので
家で様子を見る、病院へ連れて行くという見る目
キチッと持っていました。

何がなんでも病院へというのは母親の不安心も手伝っての事ですが、
何しろ小さな子の発熱って体温計を入れたとたんに

ビューッとあがったりするから驚くわけです、


頭が・・・!!!


って、数々の発熱を繰り返し、沢山の免疫もついてきたのか
2年生の今年は


今の今まで風邪知らず!

だったのにとうとうつかまってしまった



せっかくの土曜日というのに和室に布団をしき、眠る息子。



やはりそこは子供。わかり易い食欲は失せ、涙目
朝の風邪薬が少しきいたのかお昼は食べるというので

うどんを作ると

食べさせてほしい

ポツリ。


最近乳ばなれしたかのごとく私の背を追ってくれなくなっていたのに・・・


“いいよ”

と言って一口ずつ口に運んでやりながら喋っていて、
“今日はママお休みで良かったねぇ”
と言うと息子が
 

“ママは子供が熱を出しても休めないの?”

と返されました。

少しまよいましたが、

“休めないなぁ”

と言うと息子はだまってしまったので


“ママの仕事は代わりの人がいないの。
ママはママにしかできない仕事を注文されているのだから
引き受けたらきちっとやるのも仕事なの。
でも終ったら必ず空の所に一番に帰るからね”


納得したのかしてないのか?


“ふーん”

と聞いていました。


とはいえやっぱり子供。

細やかな声かけと顔を見る事はやっぱり大切なんだなぁ

と改めて思いました。
その後、横で一緒にねて欲しいとこれまた甘えん坊になりましたが
リクエストに応えて一緒に寝たが最後
病人より真剣に寝てしまい、冷たくなった洗たく物とりこみました。


またやっちゃったぁ〜

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »